結婚式二次会会場はどこがいい?下見で確認する5つのポイント

結婚式二次会会場はどこがいい?下見で確認する5つのポイント

結婚式二次会は、素敵な会場で行いたいですよね。

ネットの情報だけではなく、下見をするのがおすすめです。

「どんなところをチェックしたらいいんだろう・・・。」

そう考えるあなたに、実際の会場で確認しておきたいポイント5点をまとめました

前もって知っておくことで、後悔しない会場選びができますよ。

結婚式二次会希望の日にち・時間は空いていますか?

結婚式・披露宴の会場や日取りが決まったなら、

すぐに結婚式二次会の準備に取り掛かりましょう。

思った以上に結婚式その他諸々で、時間が取られてしまいます。

また、気に入った場所であっても、先約があれば諦めなければいけません

出来る限り早めに取り組み、最高の結婚式二次会会場を押さえましょう。

結婚式二次会の合計料金はいくらですか?

【結婚式二次会】幹事の会費は免除すべき?_1

費用については、念の為書面で残しておくほうがいいです。

結婚式二次会は数万〜数十万と、お金がかかります。

曖昧な部分があったらそのままにしておくのではなく、しっかり確認しましょう。

予算内に収まりますか?

ゲストの人数から一人あたりの会費を計算しておきましょう。

6,000円〜8,000円など大体の予算で構いません。

下見の予約をする時点で、先方に伝えるとスムーズですよ。

金額に合わせた見積もり作成をしてくれるはずです。

追加でかかってしまう料金はありませんか?

万が一時間をオーバーしたら、どのくらいの費用が発生するかも確認しましょう。

場所によってはクラッカーがNGの場合もあります。

ほかに禁止事項は無いでしょうか。

OKでも、別途料金がかかるものはありませんか。

結局、「思った以上にお金がかかってしまった・・・。」なんてことになりたくないですよね。

最低保証料金の設定はありますか?

最低保証料金は「予定人数より減っても○万円は支払う」という契約です。

出来る限り、避けたほうが良いですよ。

赤字になってしまうかもしれません。

前金が必要な場合もあります。

予約する際に見積もりの約10〜15%支払うのが主流のようです。

金額と支払期限をしっかり聞いておきましょう。

結婚式二次会会場は広いですか?

ゲストがゆったりと過ごせるよう、十分な広さを確保したいですね。

他にも控室やお手洗いなども聞いておきましょう。

結婚式二次会の環境は、参加者の満足度にもつながりますよ。

収容人数はどの程度ですか?

参加人数に合わせたスペースを借りましょう。

狭すぎても窮屈ですし、広すぎても寂しい印象になってしまいます。

もし40人を予定しているなら、30〜50人用のスペースを借りましょう。

ゲストの人数が増減しても大丈夫なように、余裕をもたせるほうがおすすめです。

どのように配置しますか?

新郎・新婦や司会者がどの席からでも見えるか、試してみてくださいね。

せっかくなら、ゲストに幸せな二人の姿を見て欲しいところです。

レイアウトによっては狭く感じる場合もあります。

当日、テーブルや椅子を移動してもいいかも合わせて確認します。

ステージがあると、余興も見やすいですね。

受付場所については、大きめのテーブルが置いてあるかもチェックしましょう。

荷物は預かってくれますか?

引き出物や荷物が多い状態で会場に来るので、クロークがあると嬉しいですね。

もしくはカバンを預けるロッカーはあるか、確認しておきましょう。

控室はありますか?

結婚式二次会の入場をするまでに、新郎・新婦が落ち着けるような場所を作りたいです。

お色直しをする場合は、着替える場所も必要です。

控室の有無も知っておきたいところですね。

無いようであれば、パーテーションなど仕切りを使っていいかも聞きます。

お手洗いや喫煙スペースはありますか?

忘れがちなのが、お手洗いです。

男女別になっていて、十分な個室があるかもチェックします。

喫煙場所があるかどうかも、合わせて確認しましょう。

結婚式二次会は2時間程度ですから、トイレやタバコに行きたい方は出てきますよ。

結婚式二次会会場に行きやすいですか?

交通アクセスも重要なポイントです。

結婚式から続けて参加するゲストも、結婚式二次会から合流するゲストもいます。

両方にとって行きやすい場所にしましょう。

徒歩で何分ですか?

結婚式会場から移動する場合でも、30分以内に収まるのがベター。

駅から歩くのなら、徒歩10分以内にしましょう。

結婚式二次会会場のサイトによっては、少なめに記載している場合も。

実際にどのくらいかかるのか、確認しましょう。

ゲストが車で来たいときの為に、駐車場があるといいですね。

もしなければ、近隣のコインパーキングを調べましょう。

参加者に向けて、地図に載せておくと親切ですね。

結婚式二次会の料理は味見できますか?

下見前に、コースまたはビュッフェどちらにするかを決めておきましょう。

フード・ドリンクは参加者も楽しみにしている部分です。

おそらく美味しいものが出てくるとは思いますが、味見できるとベストですね。

メニューは和洋中から選べるのでしょうか。

一人あたりの量は十分でしょうか。

飲み放題が選べるなら安心ですね。

ウェディングケーキの入刀を予定している場合は、ケーキは用意してもらえるのか、持ち込みになるのかも確認します。

結婚式二次会用の機材をレンタルできますか?

結婚式二次会で使いたい備品も必ずチェックします。

会場で用意してくれるのか、自分で持ってくるのか、忘れずにメモしましょう。

マイクは使っていいですか?

マイクの使用の可否と、何本借りられるかは重要です。

参加人数が多い場合は、声が届くようにしなければなりません。

新郎・新婦用、幹事用、ゲスト用の3本は準備しておきたいところです。

事前にマイクテストを行えるとベターです。

映像や音楽は担当してくれますか?

ほかにも演出関連で確認しておきたいことはあります。

DVDを映すためのプロジェクターやスクリーンは用意してくれますか。

BGM・照明やスポットライトの調整はしてくれるのでしょうか。

店内の機材を使っていい場合は、操作するのはスタッフか幹事のどちらになるかも聞きましょう。

もし、自分たちで行う場合は、事前に使用方法を聞いておきましょう。

持ち込みであれば、荷物が増えてしまいます。

まとめ

結婚式二次会会場探し、大変ですよね。

それでもサイトや口コミの情報を鵜呑みにせず、自分の目で確かめるほうがいいですよ。

会場の下見に行くなら、以下のポイントを押さえておきましょう。

結婚式二次会希望の日にち・時間は空いていますか?

結婚式二次会の合計料金はいくらですか?

結婚式二次会会場は広いですか?

結婚式二次会会場に行きやすいですか?

結婚式二次会の料理は味見できますか?

結婚式二次会用の機材をレンタルできますか?

最高のパーティーを行うために、細かい部分までチェックするのがおすすめです。

結婚式二次会マニュアルカテゴリの最新記事

2次会くん導線