披露宴に呼ばない人でもいいの?結婚式二次会の幹事の人選

披露宴に呼ばない人でもいいの?結婚式二次会の幹事の人選

結婚式の二次会の幹事を人選する時には様々な事を考えると思いますが、「幹事は披露宴に呼ばない人でもいいのか?」と悩む方もいると思います。

結婚式の場合は、全員が披露宴と二次会の両方に参加する方ばかりではないので、幹事の人選にも悩んでしまうのではないでしょうか。

ここでは、結婚式の二次会の幹事を人選する時には、披露宴に呼ばない人の中から選んでも良いものなのかを紹介していきます。

幹事は仲の良い友人に頼んだ方が良い

基本的に二次会の幹事は仲の良い友人に頼んだ方が良いです。
理由は単純に打ち合わせしやすかったり頼みやすいというメリットもありますが、その友人が結婚式をする時に今度は逆に幹事を頼まれる可能性があるからです。

自分が次回幹事を依頼されることや、違う形でお礼をすることを考えたら、あまり仲良くない人には頼まない方が良いでしょう。

14披露宴に呼ばない人でもいいの?結婚式の二次会の幹事の人選2

披露宴に来てくれる友人の仲から幹事を依頼しよう

結婚式はかなり早めに招待状を出しますので、例外でもない限り普通は仲の良い友人は披露宴に参加してくれます。
ですので、二次会の幹事を頼める様な間柄の友人ならば、披露宴にも当然来てくれることが予想されます。

披露宴に参加してくれる友人の中から、新郎・新婦の友人それぞれ2名以上を候補に挙げて依頼すると良いでしょう。

二次会の幹事は、事前の準備や当日の司会進行など、思った以上に労力のかかる役目です。
1人では負担も多い役割なので、幹事同士で相談やフォローし合えるよう、複数名に依頼する方が良いでしょう。

14披露宴に呼ばない人でもいいの?結婚式の二次会の幹事の人選3

二次会の幹事は披露宴に呼ばない人でも問題ないか

二次会の幹事は必ずしも披露宴の出席者の中から選ぶ必要はありませんが、頼まれる人の気持ちを最優先に考え依頼するようにしましょう。

例えば、幹事を3名に依頼したとして、その内2名は披露宴に招待しているのに、1名だけ二次会のみの参加だった場合はどうでしょう。
披露宴に参加しなかった1名は「なぜ私だけ披露宴に呼ばれなかったのか?」という複雑な気持ちを抱いてしまうことになります。

親しき仲にも礼儀ありといった言葉もあるように、結婚式は自分達が主役だからと横柄な態度にならず、幹事を依頼する方や出席者にも気持ちよく参加していただけるよう、心配りを忘れないようにしたいですね。

結婚式二次会マニュアルカテゴリの最新記事