雰囲気に合わせたコーディネートを選ぼう!

雰囲気に合わせたコーディネートを選ぼう!

様々な雰囲気の結婚式二次会に合う服装を選ぼう

結婚式の二次会となると行われる日時や会場によってその雰囲気は大きく異なってきます。

結婚式と同日の二次会はフォーマル服装が安心

結婚式からの流れでその日のうちに開催されるタイプのものであれば、どちらかというとフォーマルな装いでの参加が多くなります。結婚式や披露宴の服装のまま出席する人が多くなるので、そうなるのも致し方ないのですが、二次会のみに参加するという場合には多少この点を注意してコーディネートしていくことをおすすめします。ファーマルナ装いをしている人が多い中で着崩したコーディネートだと、会場で浮いてしまうこともあるのです。

カジュアルな二次会ではフォーマル感を抑えめに。

結婚式とは別日に二次会が開催される場合、さらには会場が居酒屋やカジュアルタイプのレストランだった場合、雰囲気自体がカジュアルなものの傾向にあります。

もちろん、その会費などによっては違いもでてくるのですが、会費が安くて会場がより親しみやすいものであればあるほど、ファーマルな装いでの参加は避けるに越したことはありません。カジュアルな雰囲気の場にファーマルな服装となると、どうしても自分一人が会場で浮いてしまうことになります。時には恥ずかしい思いをして帰ることになるかもしれないのです。
二次会が行われる会場のチェックはもちろんですが、予め友人同士で当日の装いのチェックをしておくことをおすすめします。友人同士で多少なりとも服装の雰囲気を合わせておけば、会場で恥をかくこともなくなります。

カジュアルな中にも礼儀あり!

こうしたカジュアルな会場での二次会の場合、新郎新婦の意向によっては服装も普段着でと言われることもあるかもしれません。確かに、普段着で着て欲しいと言われればその通りにするのがベストなのでしょうが、この際もお祝いの席にタブーとされてる服装は避けておく必要があります。
例えば、女性の場合は素足にサンダル、ミュールなどの靴は避けておくに越したことはありません。あまりに露出が激しい服装も印象が良くありませんし、ブラックパールやどくろなど不吉なアイテムはどんなにカジュアルな場でもタブーとされています。

確かに、カジュアルな場で逆にフォーマルな服装をするのも失礼な話ではありますが、ものには限度というものがあります。カジュアルな中にも下品さが出ないように、場の雰囲気を壊さないように最低限の気遣いというものが必要になってくるのです。

これから結婚式の二次会に出席するという人、二次会のみへの参加でその服装に悩んでいるという人は、ここであげたポイントをしっかり押さえておきましょう。あまりにもこのコーディネートに関して不安だ心配だという人は、二次会に出席する友人に相談したり、コーディネートについてアドバイスをもらってみるのもいいかもしれません。

結婚式二次会 服装 ドレス・スーツカテゴリの最新記事

2次会くん導線