結婚式二次会の料理はどうする?注意すべき5つのポイント

結婚式二次会の料理はどうする?注意すべき5つのポイント

結婚式二次会において、料理は盛り上げる要素の一つ。

ですが、どんなものを選べば良いのか悩んでしまいますよね。

今回は、気を付けたいポイントを5点まとめました。

提供スタイルからメニュー・量・目玉、そして味見まで!!

結婚式二次会のフードに関する基礎知識を、しっかり押さえましょう。

結婚式二次会の提供スタイルは?

結婚式二次会を準備する際に、まず決めておきたいことがあります。

食事のスタイルは「ビュッフェ」と「コース」どちらにするか、ということです。

雰囲気ががらりと変わります。

どんなパーティーにしたいのかによって、どちらが良いかも変わってきます。

主なメニューと、それぞれの特徴を確認しましょう。

「ビュッフェ」は自由に動ける

「ビュッフェ」はカジュアルに演出できるセルフサービス方式です。

様々なメニューが用意され、自分で好きなものをお皿に乗せていくスタイルですね。

それぞれのお腹の空き具合によって調整できるのが、最も大きなメリットです。

結婚式・披露宴に参加している方でも安心ですね。

また、人によってはアレルギーや好き嫌いがあります。

コースとは異なり、苦手なものは避けられるので嬉しいポイント。

たくさんのフードは見ていても楽しいものです♪

立食または着席形式がありますよ。

「ビュッフェ」の立食形式は大人数におすすめ

立食形式は50人を超えるなど、参加者が多いときに向いています

テーブルなどを用意しなくて良いので、会場を広く使えるためです。

結婚式二次会の平均は約2時間。

ドレスやハイヒールで疲れたとき、まったりと話したいときに座りたいと思うこともあるはず。

立食であっても、いくつかイスを用意しましょう。

「ビュッフェ」の着席形式は会話派におすすめ

着席形式はコミュニケーションを重視する方に向いています。

自分の席が決まっているので、ゆったりと過ごすことが出来ます。

食べる料理は、自身で選びに行きます。

ビュッフェとコース料理のいいとこ取り、という感じですね。

ゲストの中にご年配の方や妊婦さん・お子様連れがいる場合には、助かることでしょう。

「コース」は落ち着いて楽しめる

「コース料理」は格式高い印象を与えます。

スタッフが一品ずつ食事を運んできます。

一般的に、ゲストは席から離れることはないスタイルです。

温かいメニューは温かいうちに、冷たいメニューは冷たいうちに提供されます。

量がたっぷり用意されているのが最大の特徴です。

結婚式・披露宴に参加していないゲストや、たくさん食べるゲストが多い方には喜ばれるでしょう。

また、動き回ることが無いので歓談を楽しみたい方にぴったりです。

基本的に着席形式です。

注意したいのは、披露宴の料理とかぶらないようにすることです。

量が多すぎて食べられないこともあるので、確認しておきましょう。

コースであれば、結婚式二次会に華やかさを演出できますよ。

結婚式二次会のメニューは?

結婚式二次会では、食事のメニューも重要なポイントですね。

「ビュッフェ」と「コース」によって、提供される内容が変わってきます

主にどんな違いがあるか、チェックしましょう。

「ビュッフェ」のメニューは種類豊富に

「ビュッフェ」は、和洋中バリエーション豊かに用意します。

内容は会場やオプションにもよりますが、ローストビーフ・ステーキなどお肉は欠かせません。

ビーフシチュー・オニオンスープ・ポテトサラダなども良いですね。

ボリュームを求めるなら、握り寿司・パスタ・リゾットやピザ・パンも揃えましょう。

また、デザートやケーキもたっぷりにすれば、女子のテンションも上がることでしょう。

カクテルやソフトドリンクなどの飲み物も忘れずに。

「コース」のメニューはおしゃれに

「コース」は、イタリアンやフレンチなどが中心です。

基本的に、オードブル・スープ・メインディッシュ・デザートで構成されています。

それぞれにメニューの選択肢があるので自由度が高いのも特徴。

内容は会場やオプションにもよりますが、ラタトゥイユやサラダなどの前菜から始まります。

ポタージュやヴィシソワーズが続き、メインの魚・肉料理を提供します。

最後にシャーベットやフルーツが運ばれます。高級感たっぷりですね♪

結婚式二次会での料理のボリュームは?

結婚式二次会では、食事の量も気を付けましょう。

ゲストの状況によって、準備するボリュームも変えたほうがベターです。

性別の割合・披露宴に参加している方が多い・提供スタイルなど、シチュエーションに合わせて調整しましょう。

男性と女性の人数、どちらが多い?

性別によって、食べられる量が変わってきますね。

ゲストの男女の割合を確認しましょう。

男性のほうが多いなら、しっかりと食べられるお肉料理やパスタなどを中心に提供したほうが良いです。

きっと満足してくれるでしょう。

逆に女性のほうが多いなら、量よりも質に注目しましょう。

サラダやスイーツなど、軽めのメニューを充実させるといいですね。

披露宴にも参加している?

披露宴から引き続き結婚式二次会に参加しているゲストもいることでしょう。

この場合、ゲストが満腹状態の可能性が高いです。

ずっしりとお腹に来るものは、選ばずピンチョスなど手軽に食べられるおしゃれな料理を用意しましょう!

「ビュッフェ」は人数の4分の3

「ビュッフェ」では、人数の4分の3を用意しましょう。

ゲストが50人であれば、38人分程度で良いことになります。

「料理がもうない…」なんてことは避けたいですが、たくさん余ってしまうのも勿体ない…。

多すぎず、少なすぎず、ちょうど良い量が人数の4分の3とされています。

当日、急遽参加人数が増えることもあるので、その場合は料理を増やしてもらえるか会場へ確認しておくとより安心です。

「コース」は人数分

「コース」の場合、一般的に人数分頼むことになります。

量に関してはシンプルで良いですね。

ただ、披露宴のメニューとかぶっていないかは確認しましょう。

「これ、さっきも食べた・・・。」となると、やっぱり飽きてしまいますよね。

結婚式二次会の目玉は?

結婚式二次会のメニューは、インパクトも大事です。

会話のきっかけにもなりますし、写真の撮影にもぴったりです。

どんな料理・演出を用意したら良いでしょうか。

盛り上がるものを選びました。

五感で楽しむ!ライブキッチン

「ライブキッチン」は、目の前でシェフが料理をしてくれます。

シェフの華麗な手さばきに見惚れることでしょう。

出来たて熱々を食べられるので、味も抜群!!

きっと結婚式二次会に華を添えてくれることでしょう。

珍しい!見て楽しめるおしゃれドリンク

フレアカクテルショーをご存知でしょうか?

カクテルをつくりながらパフォーマンスをしてくれのですが、これがとても盛り上がります♪

作られるカクテルも色とりどりでSNS映えばっちり♡

見て・飲んで楽しい演出のひとつです。

テンションUP!チョコレートファウンテン

「チョコレートファウンテン」は、結婚式二次会でも人気のメニューです。

チョコの甘い香り・ディップする楽しさ・見た目の豪華さ、どれも満点です◎

特に女性やお子様に大人気!!マシュマロやフルーツなどディップするものが多いとより楽しいですよ。

結婚式二次会の料理味見は必要?

料理の良し悪しは、実際に食べてみるのが一番ですね。

会場見学ついでにランチタイムに行ってみるのがベター。

お昼時であれば、リーズナブルに食べられます。

複数の会場で比較をしましょう。

味・量・種類・価格など全体のバランスを見ます。

厳しい目と自分の舌でチェックし、ゲストが満足できる料理を選びたいですね。

まとめ

結婚式二次会のお料理を選ぶ際に、気を付けたいポイントをまとめました。

まず決めたいのが提供スタイルです。

「ビュッフェ」か「コース」によって、印象が変わってきますよ。

どちらかが決まれば、メニューや量も、ある程度絞られてきます。

また、さらに印象付ける演出も組み込むといいですね。

最後に自身で食べて納得したなら、決まりです。

ゲストもきっと、美味しい食事に満足することでしょう。

プログラム・演出カテゴリの最新記事