お金がないけど結婚式二次会をしたい!安くする方法とは?

お金がないけど結婚式二次会をしたい!安くする方法とは?

結婚式二次会にかかる費用は、30万円~50万円くらいといわれています。

結婚式の出費と合わせると、ちょっと大変、という方も多いはず。

では、結婚式二次会の費用を出来るだけ抑えるためには、どのような工夫があるのでしょうか。

三次会

諸費用内訳を見てみよう

まずは結婚式二次会にかかる、大まかな費用について見ていきましょう。

ゲスト50人の場合、だいたいこんな感じです。

飲食代(4,000円×50人)

20万円
会場代(貸切保証金) 5万円
会場装飾代

1.5万円

ふたりの衣裳代 4万円
景品代 6万円
プチギフト代(300円×50人)

1.5万円

幹事へのお礼 2万円
二次会にかかる費用合計 40万円

ゲスト人数にもよりますが、二次会の費用は30~50万円くらいかかるといわれています。

二次会も結婚式同様、新郎新婦が費用をすべて負担しなければならないわけではありません。

ゲストの飲食代を実際のお店の請求額に少し足して会費に設定するのが一般的です。

たとえばこんな感じです。

お店の飲食代:一人/4,000円

二次会の会費:一人/6,000円
(会場代と景品代をゲスト人数で割った金額を上乗せ)

新郎新婦の自己負担額は?

この場合、10万円ほど新郎新婦の自己負担になります。

6千円×50人=30万円
40万ー30万=自己負担:10万円

節約して、これを自己負担0円にする方法はあるのでしょうか……。

6つの方法をご紹介します。

  1. 会場代
  2. 装飾代
  3. 衣装代
  4. 景品代
  5. プチギフト代
  6. 幹事代行業者に依頼する

1.会場代を安くするには?

会場

会場によっては、飲食代だけで、会場代や貸切保証といわれる費用がかからないところも。

ただし、ゲストのためにも駅や披露宴会場からのアクセスの良さは外さないようにしましょう。

2.会場の装飾代を安くするには?

おしゃれに飾りつけられた会場についつい憧れてしまうものですが、飾りつけにも費用がかかります。

しかも結婚式に比べて二次会の会場は照明が暗めになっていることが多く、張り切って飾りつけてもあまり写真映えしない…なんてケースも。

ゲストも会話に夢中で飾りつけまで目がいかないことが多いので、二次会の場合はウェルカムスペースのみ装飾し、会場内は特に何もしなくてもOKです。

3.衣装代を安くするには?

衣装

「結婚式と二次会に来てくれる友人もいるから、印象を変えたい」

そういった理由で二次会の衣装にこだわる方は多いと思います。

なるべくお金をかけずに二次会の衣装を楽しむ方法をご紹介します。

・ヘッドドレスだけ変える

ヘアスタイルを変えるとガラッと雰囲気が変わりますが、その分ヘアメイク代がかかります。

その点ヘッドドレスなら、自分で着脱できるので費用が上がる心配がありません。

二次会会場は暗い場合が多いので、暗い場所でも映えるよう派手目のヘッドドレスがおすすめです。

・ネットで安く購入する

会場でレンタルすることの多いドレスですが、ネットなら数万円から買うことができ、レンタル代より安くなることも。

また二次会ではドレスにこだわらず、白いきれいめのワンピースにしても大丈夫です。

・新郎はチーフとネクタイの色だけ変える

新郎の衣装が披露宴と同じタキシードの場合、チーフとネクタイの色を変えるだけでも雰囲気がかわります。

その場合、チーフやネクタイは新婦のドレスと雰囲気を合わせましょう。

・カジュアルなドレスコードを設定する

ドレスコードを設定し、ゲストとのリンクファッションを楽しむという方法もあります。

例えば「スニーカー」をドレスコードにすれば、新郎新婦もタキシードにドレスではなく、花嫁はリネン素材などカジュアルな白いロングワンピース、新郎も白いシャツにチノパンといったカジュアルスタイルを楽しむことが可能です。

費用を抑えられるだけでなく、会場との一体感が演出できます。

4.景品代を安くするには?

費用の大部分を占める景品代。費用面で考えるとここを節約したいところですが、景品代をしぶるとケチっていると思われかねません。

用意する景品の数は、最低でも4~5人に当たるくらいの数はほしいところ。

ただしゲストの人数がさほど多くない場合は、1位~3位までを豪華にして、他は千円~数百円のものにするなどの工夫も可能です。

メインの賞品が豪華であればそれなりの体裁は整うので、メイン賞品までランクを下げてしまわないよう注意しましょう。

5.プチギフト代を安くするには?

プチギフト

出席してくれたゲストに手渡しするプチギフト。二次会の最後を演出するものなので手は抜きたくないところですが、インパクトを残しつつ費用を抑える方法もあります。

人気お菓子のオリジナルを作る

うまい棒(https://www.umaibo.jp/)やブラックサンダー(https://decoto.jp/blackthunder/about)など、人気のお菓子に写真を入れるなどしてオリジナルギフトが制作できるサービスがあります。

1つ100円ほどで作れるうえに、見た目にもインパクト大。ゲストの印象に残ること間違いなしです。

お菓子を手作りする

手作りお菓子に自信がある方は、アイシングクッキーなどを手作りするのもおすすめ。

ウェディングドレスとタキシードのデザインでブライダル感を演出したり、ふたりのイニシャルとともに「Thank you」のメッセージを添えたりと、自由度が高いというメリットがあります。

一生懸命手作りしたお菓子なら、ゲストの心にもきっと響くはず。

6.幹事代行会社にお願いするのもアリ

幹事代行業者とは、言葉の通り結婚式二次会の幹事を行ってくれる業者のこと。

業者に依頼するなんて、費用がとてもかかるのではと感じられるかもしれませんが、実はそうでもありません。

二次会の自己負担額とそう変わらない金額で依頼でき、多くの幹事代行サービスでは「実質0円」のプランもあります。

その上、司会やスタッフ、カメラマンもすべてプロが担当してくれるので、クオリティは保証されます。

また、二次会にありがちな延長料金のトラブルなども、プロのスタッフがプログラムを作ってくれるので心配いりません。

こういったリスクを考えると「プロに依頼する」というのは安心ですね。

最後に

結婚式や新婚生活の準備にもお金がたくさんかかりますよね。

二次会は友人たちとの気軽なパーティーですから、費用を抑えつつ、かつ楽しい内容になるのが理想的です。

節約法を可能な範囲で取り入れながら、ふたりらしいプログラムを作り上げましょう。

" 

2次会くん・お客様安心サポート実施中
★来館不要のオンライン相談会
★ソーシャルディスタンスを保つ会場を紹介
★日程変更・キャンセル料無料サポート

結婚式二次会幹事代行・2次会くん

二次会費用カテゴリの最新記事