結婚式二次会を安くする方法とは?

結婚式二次会を安くする方法とは?

結婚式二次会は、新郎新婦にとっても緊張し通しだった挙式披露宴とは一味違う、気心の知れた友人と心から楽しめる場。

また、式や披露宴には人数の都合上、招待できなかった友人たちに、大切な人生の伴侶を紹介するパーティーでもあります。 ぜひ開催したい!という方も多いのではないでしょうか。

でも、挙式披露宴で随分出費してしまったし、挙式や披露宴から続けて結婚式二次会に出席してくれるゲストのことを思うと、その上高い会費をいただくのも心苦しい… そんな風に考えると、結婚式二次会に対して積極的な気持ちになれないという声も耳にします。

では、結婚式二次会の費用を出来るだけ抑えるためには、どのような工夫ができるでしょうか?

 今回は、具体的にさまざまな費用を検証しながら、結婚式二次会のコストダウンについて考えてみます。

結婚式二次会を安くする方法とは?

諸費用内訳を見てみよう!

まずは結婚式二次会にかかる、大まかな費用について見ていきましょう。

60名招待した場合の結婚式二次会費用には、以下の様なものが必要となります。

会場貸し切り費用、料理・ドリンク代 30万円程度
招待状代
(往復はがきや、封書で招待状を送付する場合その代金)
10,000円程度
景品代
(演出のゲームやビンゴで商品代)
50,000円程度
備品代
(プログラム、ウェルカムボード、芳名帳などの代金)
30,000円程度
 ギフト代
(新郎新婦からゲストに渡すプチギフト代)
 30,000円程度
新郎新婦衣装代
(ウエディングドレスやタキシードを式場からレンタルできない場合)
50,000円~100,000円程度
人件費
(幹事の会費、幹事にお礼をする費用)
70,000円程度
ドタキャン対策費
(やむを得ない事情で欠席するゲストを見越して設定する費用、ゲストの人数に対して一割見込んでおく)
60,000円程度

・・・これ以外にも、準備を進めていく中で諸々出費していくものと覚悟した方がいいでしょう。ただ、大きなものとしては上記のものが一般的となっています。

費用は誰が負担するかをはっきりさせておく

結婚式二次会運営にはいくつかの方法があります。 一つ目は、会費以外で必要となった費用はすべて新郎新婦が支払うスタイル。 次に、会費内ですべてを納められるように、会費を設定する際に充分検討するというもの。

やはり会費ですべてを賄うのは難しく、新郎新婦が支払うケースが多いようですが「足りない時は、言ってね!」と言いつつも、挙式披露宴となにかと出費がかさんでいる新郎新婦の本音としては、出来るだけコストを抑えて赤字にはならないようにしてほしいというところではないでしょうか。

・・・ですが、新郎新婦に負担させずに済むように何がなんでも会費内で抑えようとすると、会費を高めに設定しなくてはいけなくなり、ゲストが参加を躊躇うケースも考えられます。

結婚式二次会費用は、内容にもよりますが一般的に6,000円~7,000円程度、8,000円以上になると「ちょっと高い」と感じるゲストが多いようです。

そうなってくると、出来るだけコストを抑えた結婚式二次会開催を目指す!というのが一つの解決策となりそうです。 それでは、具体的に費用を抑えやすいものにはどのようなものがあるか見てみましょう。
結婚式二次会のゲームを盛り上げる!ディズニーチケットなど大人気な景品7選1

費用を削る前に「ゲストのこと」をまず考える

費用を抑え、会費を安く設定するというのは、ゲストに喜ばれることと言えます。だからと言って、お料理や飲み物の予算を抑えすぎると、パーティーとして盛り上がりに欠けてしまう状況になることも。

ゲストは、忙しい中新郎新婦の結婚を祝うために時間を作り、身支度を調えて駆けつけて来てくれています。 そのことを忘れずに、おもてなしの心を大切にしましょう。

「でも、お金のことも大事」という面も、正直なところありますよね。 それでは、具体的にコスト削減しやすいものを見ていきましょう。

新郎新婦の衣装代を見直す

式場からタキシードやドレスを引き続きレンタルできる場合は、衣装代の費用は考えなくて大丈夫です。 でも、どの会場でもそういったサービスが行われている訳ではありません。

「結婚式二次会しか来ない友人に、ウエディングドレス姿を見てほしい」という気持ちも分かりますが、衣装代にお金をかけて、食事や飲み物、プチギフトなどの予算を抑えると言うのは本末転倒です。

ウエディングドレスにこだわらなくても、白いドレスやワンピースを着用し、前撮りしたウエディングドレスの写真を会場に飾る等の工夫をするのもいいでしょう。

また、ドレスコードを設定し、ゲストにも招待状に一言添えるなどして、ゲストとのリンクファッションを楽しめむという方法もあります。

こうした方法を用いると「ケチケチしている」という印象を残さずに、ゲストと一体感を楽しみながら節約することができるというメリットもあります。

例えば「スニーカー」をドレスコードにすれば、新郎新婦もタキシードにドレスではなく、花嫁はリネン素材などカジュアルな白いロングワンピース、新郎も白いシャツにチノパンといったカジュアルスタイルを楽しむことが可能です。

その他にも「デニム」や「テーマカラー」などを設定するのも面白いでしょう。「結婚式二次会でもどうしてもウエディングドレスを着たい」という強い気持ちがある場合は、他で節約することはできないか、よく検討すればいいということになります。

ウエディングドレスを着る機会というのは、結婚式以外はないもの。 花嫁の強い希望があるならば、無理してウエディングドレスを諦める必要はありません。 結婚式二次会を安くする方法とは?

プチギフトを手作りに

プチギフトは、お見送りの時に新郎新婦からゲスト一人ひとりに手渡すちょっとしたギフトのこと。 紅茶やクッキー、ジャムや入浴剤などが定番です。 ハンドメイドが好きなカップルは、このプチギフトを自作するというのもいい節約になります。

プチギフトの手作りと言えば、定番はクッキー。 少し凝ったものにチャレンジしたいなら、指輪やハートマークのクッキーに、アイシングでメッセージを書くというのもおすすめです。

ただ、食品は結婚式二次会直前に作らないと衛生上不安があるため、スケジュール的に余裕がない場合は見合わせた方が無難でしょう。

クッキーを手作りするのは難しくても、個装されている既製品を購入し、ラッピングを自分たちでするという方法もあります。 食品以外なら、手作りの石鹼やバスボムも人気です。

「そんな凝ったものを作る余裕ない!」と思われるかもしれませんが、実は本やサイトを参考にしながら、手順の通りに材料を混ぜていけば簡単にできます。

石鹼には彫刻刀で飾りを彫ったりすると、世界に一つだけのハンドメイド作品となり、ゲストにも喜んでもらえるでしょう。

節約にもなり、新郎新婦の気持ちのこもった手作りギフトとしてゲストに喜ばれる――そんなプチギフト作にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

結婚式二次会を安くする方法とは?

演出を見直してみる

「結婚式二次会と言えば、ビンゴ!」「ゲーム大会!」と考える方も多いでしょうが、こういった演出には目玉商品となる高額な景品を用意しなくてはいけません。 目玉商品がないと、いまいち盛り上がりに欠けてしまうからです。

そして、目玉商品だけでなく、2等、3等、4等、参加賞的なものと、かなりの数の景品を準備する必要があります。 これに、かなりの費用がかかることを忘れてはいけません。

その上、自分たちがどんなに一生懸命選んだ景品でも、ゲスト皆が必ず喜んでくれるとは限らないということも、頭に置いておかなくてはいけません。 「ゲスト全員が喜んでくれるもの」という景品を選ぶのは、なかなか難しいのが現実です。

実際に、結婚式二次会に出席したゲストからは「もらっても微妙な景品をもらうくらいなら、商品なしでもいいから会費を安くしてほしい」という声もあります。

確かに、ビンゴ大会やゲーム大会は、会場に出席しているゲスト皆が参加して楽しめむことができますが、時間がかかって会が延長しがちな面もありますし、景品で費用がかさむのもネックではあります。 本当にビンゴやゲームを行うべきなのか、よく検討してみてもいいかもしれません。

最近は、結婚式二次会と言っても派手な演出を行うことなく、新郎新婦とゲスト一人ひとりとがゆっくり話のできる場と考えるスタイルも浸透しつつあります。 結婚式披露宴と出席していても、新郎新婦は忙しいため、なかなか会話を交わすのが難しいもの。

そうであれば、結婚式二次会くらいはゆったりとした気分で会話を楽しめむことに徹するのも、一つの方法です。 ゲームに限らず、ケーキカットやシャンパワーなど、費用がかさむ演出は「本当に結婚式二次会で行うべきかどうか」をよく検討してみてもいいでしょう。 「自分たちがしたいから」ではなく「ゲストが喜んでくれるかどうか」を考えることが、大切なのです。

景品代を抑える

それでも、ビンゴをやりたい!ゲーム大会をしたい!そんなカップルには、景品選びを工夫することをおすすめします。 いくら費用を抑えるためと言っても、例えば100円ショップで売っているようなものをラッピングしたのではゲストにも分かってしまいますし残念なイメージが残ります。

そういった方法ではなくても、景品代を抑える方法はあります。 例えば、目玉商品だけ頑張って、その他は大量購入で安くなるショップを見つける方法や、最近は二次会景品セットなるものが販売されているサイトもあります。

こちらの景品セットは、目玉商品から参加賞的な商品までをセットで、お得に購入できるもの。 こういったサービスを上手に活用して、景品代を抑えるというのもいいでしょう。 結婚式二次会を安くする方法とは?

会場のグレードを落とす

「お洒落なお店がいい」「お料理がおいしいお店にしたい」と、結婚式二次会の会場選びにこだわる新郎新婦もいらっしゃいます。 でも、それは本当にゲストのためになることでしょうか?

もちろん、素敵なお店で二次会をすれば「さすがあの二人だね」と褒められることもあるでしょう。 でも、それは新郎新婦の自己満足に過ぎません。

そのお店にこだわることで会費が高くなってしまうのでは、ゲストのことを本当に考えているとは言えません。 これは、お店に限らずお料理や、演出にも同様のことが言えます。

本当に心からゲストのことを考えるなら、会費のことも考えることが大切です。 会費の中で、大きなウエイトを占めるのが「会場費」。 会場を変えることで、大幅にコストダウンできるのならば、検討してみるのもいいでしょう。

駅から近い、会場から近いなどの利便性を重視するなら、会場のグレードを落とすのも一つの方法ですし、駅から少し離れていても会場の雰囲気は大事にしたいというならば、それもいいでしょう。

とはいえ、会場から電車で一時間移動しないといけないほど離れていたり、最寄り駅から30分歩かなくてはいけなかったりするような会場は、避けるようにしましょう。

ゲストにも大変な思をさせてしまいますし、新郎新婦自身が移動に時間がかかってしまい、ゲストを待たせることになってしまいます。 自分がゲストだったら、そのような結婚式二次会に行きたいと思うか?を基準に考えてみるといいかもしれません。
【結婚式二次会】会場の選び方マニュアル!_4

料理の質を見直す

結婚式二次会とはいえ、ゲストにしっかりとおもてなしをしたい――その気持ちは、とても大切です。 でも、お料理にこだわって会費が高くなってしまうというのは、ゲストにとって嬉しいことでしょうか。

いくら高いお料理と言っても、ゲストが自分の好みでチョイスできる訳ではありません。 高いプランを選んで豪華なお料理を出すよりも、少しランクを落としてでもゲストにとって参加しやすい会費を設定する方が、参加する側としてはありがたいというのが正直なところ。

割安に設定されているコースを利用するのも一つの方法ですし、お店と交渉して一品減らして値引きしてもらうという方法もあります。

「結婚式二次会プラン」を用意しているお店も多くありますし、キャンペーンやクーポンが使用できることも多くあるので、自分たちの希望を叶えてくれて、かつ費用的に抑えることのできるお店を選べるようしっかりと比較検討するようにしましょう。

幹事を立てず人件費を削減

結婚式二次会と言えば、幹事を友人に依頼するスタイルが一般的です。 ただ、幹事を依頼すると、打ち合わせ時の飲食代をはじめ、当日の会費や謝礼などの出費が必要になります。

4人幹事を依頼した場合、大体トータルで7、8万円の出費が見込まれます。 でも、新郎新婦が自分たちで結婚式二次会を取り仕切れば、その費用を節約することが可能です。

大変な面も多くありますが、自分たちがすべて決めることができ、意外とスムーズに進めることができるというメリットも。 ただ、結婚式前の新郎新婦の忙しさは想像以上のものがあることを、忘れてはいけません。

人生の一大イベントである結婚式、披露宴、そして結婚式二次会。 そのすべてを人の手を借りずに進めるというのは、難しい面もあるのです。 「幹事を立てない」という選択は、大きなコストダウンにつながりますが、

新郎新婦が仕切る二次会は、本当に滞りなく進行することが可能なのでしょうか。 そんな時、一つの解決策として「二次会代行業者」というものを検討してみるのもいいでしょう。 結婚式二次会を安くする方法とは?

二次会代行業者に相談してみよう!

最近では、同窓会の二次会代行業者も注目を集めていますが、結婚式二次会の二次会代行業者も同様に、人気となっています。

二次会代行業者とは、言葉の通り結婚式二次会の幹事を、新郎新婦に代わって行ってくれる業者のこと。

業者に依頼するだなんて、費用がとてもかかるのではと感じられるかもしれませんが、実はそうでもありません。

まずは、二次会代行業者の料金システムについて見ていきましょう。 二次会代行業者に依頼する金額と、友人に幹事を依頼するのとでは、実は金額的には大きく違いはありません。

二次会代行業者には「基本料金」が設定されています。 この基本料金を支払って、結婚式二次会をプロデュースしてもらうのです。 基本料金設定は、業者によってさまざまです。 ホームページを見ると「実質0円」という業者も存在します。

ですが、一般的に代行業者に支払う基本料金は、4万円~8万円が多いようです。 「高い」と感じられるかもしれませんが、友人に幹事を依頼する際に支払う金額(幹事の会費や謝礼、打ち合わせの飲食代など)を考えると、実はそれほど大きくは違わないことが分かるでしょう。

その上、プロデュースや司会、カメラマンもすべてプロが担当してくれるので、クオリティは保証されます。 司会進行も、友人が行うとつい盛り上がって会自体が延長してしまい、会場貸し切り料金に追加料金が発生してしまうこともありますが、プロならそのような心配はいりません。

会場貸し切り料金は、意外とかさむもの。 こういったリスクを考えると「プロに依頼する」というのは手っ取り早く、かつ確実と言えるでしょう。

会費のみで賄えるプランも

通常、結婚式二次会の予算というのは「出席者の人数×会費」となります。 会費の内訳としては、オーバーした分は、新郎新婦がカバーするのが一般的です。 ゲストが支払う会費の内訳は「飲食代」+「諸費用」となっています。

例えば、飲食代が5,000円だったとしたら、1,000円~1,500円を諸経費として上乗せして設定し、会費は6,000円~6,500円となるのです。 業者によっては、この会費のみで結婚式二次会をプロデュースしてくれるという会社も存在します。

どうしてこのようなことが可能なのでしょうか。 理由として、二次会代行業者は提携している会場をたくさん持っていることが挙げられます。 提携会場は、通常料金よりもかなり割安な料金で会場を借りることが可能です。

普通に貸し切るとかなりいいお値段となってしまうような会場でも、提携している二次会代行業者が入ることでお得なプライスで借りられます。

景品やプチギフトも同様で、ボリュームディスカウントが効いているからこそ、お得な購入が実現可能なのです。 二次会代行業者に依頼をすると、専属プランナーが会場提案、プログラム作成、ゲスト招待状送付・出欠管理、音響・BGM作成、プログラム提案、ウェルカムボード作成などを結婚式二次会に関わるすべてを準備してくれます。

友人に依頼した場合、二次会幹事は厚意で動いてくれるもの。 「大変だけど、あの二人のために頑張ろう!」と時間を割いて準備を進めてくれる幹事に、新郎新婦も気を使ったり、希望があっても言いにくかったりする場面も出てきます。

その点、業者に依頼することで、準備段階も、当日も幹事に必要以上気を使うことなく、心から楽しめむことができるのです。 大切な友人たちにも負担をかかることなく、心から二次会を楽しめんでもらうことができます。 結婚式二次会を思いきりエンジョイするには、二次会代行業者はとても頼もしい存在なのです。

結婚式二次会を安くする方法とは?

二次会代行業者を厳選しよう

結婚式二次会を業者に依頼すると決めたら、どの二次会代行業者に依頼するかを選びましょう。 先ほども述べた通り、会費のみで結婚式二次会開催可能なできるケースや、基本料金を支払うスタイルなど、さまざまな料金設定があります。

基本プランだけでも結婚式二次会開催は可能ですが、例えば「凝った演出をしたい」「司会を芸能人にお願いしたい」など新郎新婦の希望があるとオプションという形で追加されることも。

自分たちの理想とする結婚式二次会と、予算をよく照らし合わせて、プランを立てるようにしましょう。

二次会代行業者に依頼するデメリットは?

こうしてみると、費用も友人に幹事を依頼する場合と大きく違わず、さまざまなプロが入る分、クオリティの高い結婚式二次会を開催できそう――そう考えると、結婚式二次会に二次会代行業を使わない手はない、という気分になってきます。

では、二次会代行業者に依頼するデメリットは何かあるのでしょうか。 二次会代行業者というサービスは、まだ誕生して日が浅いサービスとなります。 ですから、なかなか頼むのに勇気がいるという面もあるでしょう。

そして、友人ではなく業者に依頼するなんて、味気ない感じがしないかな?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、二次会代行業者に依頼する最大のメリットは、新郎新婦自身も、ご友人も、心から結婚式二次会を楽しむことができるという点にあります。 大切な友人のことを思えばこそ、利用するサービスなのです。

結婚式二次会を安くする方法とは?

結婚式二次会代行業者を利用してもオリジナリティは出せる!

業者に任せることで二人らしさが出せなくなってしまうのではないか、と心配されるカップルも多いようですが、そんなことはありません。

例えば、プチギフトは新郎新婦が準備することにして、そこにオリジナリティを出したり、新郎新婦が進行に少しずつ登場することで二人らしさを散りばめられたりするような演出を取り入れれば、二人らしい二次会をすることができます。

自分たちらしさを出したいと思ったら、まずは担当プランナーに相談してみてください。 数多くの結婚式二次会をプロデュースしてきたプランナーならではの素敵なアイデアを出してくれるでしょう。

結婚式や披露宴の準備で本当に忙しく、二次会にまで手が回らないというカップルなら、依頼をしたらすべてお任せしてしまえばいいし、二次会代行業者に依頼したけれど出来るだけ自分たちらしさを出したい二人なら打ち合わせに足を運べばいい――どんなニーズにも柔軟に対応してくれるのが、二次会代行業者なのです。

節約したね!と感じさせない結婚式二次会のために

結婚式二次会に何度か出席をしたことがある人なら、その様子を見ていると「これは頑張ったね!」「ちょっと予算ケチったかな?」と何となく分かるようになってきます。

新郎新婦にとっては、挙式披露宴の準備だけでも大変で、かつ大きな出費となるもの。 正直な気持ちとして、結婚式二次会のことまで手も頭も回らないと言うこともあるでしょう。 「結婚式二次会辞めてしまおうか」そんな気持ちになったら、辞める前に二次会代行業者についてもぜひ調べてみてください。

今回は結婚式二次会の費用を抑えるアイデアについて、ご紹介しました。 自分たちにできる範囲で、思を込めたあたたかな結婚式二次会ができるよう、二人でよく話し合って準備を進められるといいですね。

2次会くんに相談してみよう♪


結婚式二次会に関して、お悩み中の新郎新婦様に結婚式二次会の幹事業務をプロが変わって代行するサービス「2次会くん」はご存じでしょうか?通常はご友人が行う結婚式二次会ですが、新郎新婦様のご負担金0円でできるプランを使えば、もっと楽にもっとみんなで楽しむ結婚式二次会を行う事が可能です。詳しくはこちら

来店無料相談キャンペーン実施中!なんと!結婚式二次会のビンゴ景品で定番のテーマパークペアチケットが貰えちゃいます♪まずは色々相談してみよう!予約はこちら


さらに今なら↑↑↑↑ ドレス&タキシード無料レンタルキャンペーンもやってます。ぜひご活用くださいね! 詳しくはこちらのページのキャンペーン参照

結婚式二次会マニュアルカテゴリの最新記事

2次会くん導線