結婚式二次会の平均費用はどれくらい?

結婚式二次会の平均費用はどれくらい?

「結婚式二次会の費用はいくらなの?」

「会費はどうやって決めたらいいの?」

「全体の費用を抑えたい。」

結婚式で呼びきれなかったゲストを招待して、結婚式二次会を行うのは一般的な流れですね。

結婚式二次会は会費制にするカップルが多いもの。

全体の費用や参加者の会費を決めるには、どうしたらいいのでしょうか。

具体的な数字や、費用を抑えるためのポイントなどをまとめました。

参加者全員の負担を軽くして、楽しい時間を過ごしたいですよね。

結婚式二次会全体の費用を決めるには?

結婚式二次会の費用相場はどれくらいか

結婚式二次会自体の予算はどのように決めるのでしょうか?

内訳を確認し、新郎・新婦とゲストの負担をざっくり計算してみましょう。

結婚式二次会にかかる費用の内訳

結婚式二次会にかかる費用の内訳は、主にこのような感じです。

・会場費
・食事代
・新郎新婦ドレス・タキシード衣装代
・余興にかかる備品
・景品
・司会や幹事に対する謝礼や費用

合計が結婚式二次会全体にかかる費用となり、ゲストの頭数で割った金額を会費とする、という考え方が基本的です。

会費の中でも最も割合を大きく締めるのが、食事代。

一般的に、合計一人当たり4,000円程度がゲストに提供する料理やドリンクの相場といえます。

食事代に一人当たり2,500円程度、ドリンク代として1,500円程度という計算です。

結婚式二次会の予算の目安としては、ゲスト一人当たりの会場費や食事代の1.5倍~2倍と言われています。

先ほどの例であれば、食事とドリンクで4,000円なので、一人当たりの費用は6,000円から8,000円程度ということに。

会費を8,000円に設定すれば、新郎新婦の手出しはほとんどないことになりますね。

まるまるゲストに負担してもらうか、新郎新婦がある程度負担するかはそれぞれの考え方によります。

ゲスト一人あたりいくら?

先述の通り、結婚式二次会にかかる費用がゲスト一人当たり8,000円だったとします。

この分を「ゲストにすべて負担してもらう」という考えもあります。

料理やドリンクの質を上げてゲストに満足してほしいと考えれば、その分料理やドリンクの予算を上げる必要が出てきます。

ただ、そのまま会費に上乗せするとどうなるでしょうか。

会費は高くなり、ゲストの満足度も下がる可能性は当然あるわけです。

全体の費用をまず出し、それをゲストの参加人数で割ってみた金額を出してみましょう。

8,000円をオーバーしたのなら、考え直したほうがいいかもしれません。

新郎新婦が負担できるのはいくら?

ゲストの会費を計算する際、新郎新婦の負担分を決めるやり方もあります。

全体の費用を出した後で、「会費としてはこれくらいが妥当かも」という金額を割り出します。

新郎新婦が負担するのは、ドレスやタキシードなど新郎新婦にかかる費用と、ゲストに渡すギフトの費用

これらの費用はゲストの会費に上乗せしにくいものでもありますよね。

そのほかの費用に関しては、ゲストの会費に上乗せするパターンも。

新郎新婦が負担する項目と、そうでない項目を決めてしまうのもわかりやすいかもしれませんね。

ゲストの会費を決めるには?

34結婚式二次会の費用相場はどれくらいか2

結婚式二次会にかかる全体の費用は把握できました。

次に、ゲストに応じた会費の決め方について見ていきましょう。

ゲストの負担になりすぎない金額に設定したいですよね。

ゲスト側から見る価格帯

会費の価格帯はどのくらいなのでしょうか?

一般的な相場としては、5,000円~7,000円程度が主流です。

中には4,000円を切る二次会もあれば、10,000円を超える二次会もあります。 

安すぎる会費の場合はゲストの結婚式二次会への期待値も相当下がる可能性があります。

その結果、「出席しなくてもいいんじゃないか」と思われてしまう恐れも。

あまりに会費が安い結婚式二次会の場合は、かなりカジュアルなイメージをゲストに持たれるでしょう。

料理だけではなく、余興やゲームなどの景品、プチギフトなどにもあまりお金をかけていないな、という印象を持たれてしまいます。

安すぎるのも考えものかもしれません。

一方で10,000円を超える会費となると、ゲストの目も厳しくなりがち。

あまりに高いと、ご祝儀も含まれているのではないか、黒字を出そうとしているのではないかなどと思ってしまうと言う声も。

会費が高いからといって引き出物を用意しようものなら、「引き出物はいらないから会費を下げてほしい」と思われることもあるのです。

会費が高い場合は、招待状に「なぜその価格なのか」をゲストに納得してもらう理由を書いておくことがおすすめです。

例えば、会場がクルーズ船である・料理がとても豪華であるといったようなことですね。

少しでも事前にわかると、ゲストも安心して参加できるのではないでしょうか。

一人あたり5,000円~7,000円を目安に設定するのがベターなんですね。

ゲストの負担は一律料金にする?(実費÷人数の単純計算)

34結婚式二次会の費用相場はどれくらいか3

基本的な会費の決め方について見てみましょう。

ひとつは、すべてのゲストが同じ金額になるよう、単純に実費を頭割りする方法があります。

男女や年齢で区別をしません。

この方法であれば、最終的なゲストの男女比によって実際にゲストから受け取る金額が左右されません。

ある程度早い段階で、予算の把握がしやすいというメリットがあります。

一方で、女性ゲストからすればやや不満が出る可能性も否定できません。

男女で会費の金額を変える理由の一つには、男性の方が女性よりも食べたり飲んだりする量が多いという理由があります。

そのため、あまり食べたり飲んだりしない女性が多い場合には、「多めに出している」という感覚になってしまうことも。

男女差をつけずに会費を一律の金額にする場合は、女性ゲストにどういったタイプの人が多いかなども考慮に入れた方がいいかもしれません。

ゲストの負担は男女別に設定する?

結婚式二次会の会費設定で最もメジャーなのが、男女別に会費を設定するというもの。

多くの場合は1,000円くらいの差をつけることが多いようです。

この理由の一つが、先ほど書いた通り「男女で食べたり飲んだりする量が違うから」というもの。

この他、レディファーストという発想からきているところもあるかもしれません。

価格は、あまり差をつけすぎないようにしましょう。

男女別に会費を設定することは、ゲストの実態に合わせた設定となります。

一方、男性ゲストが当初予定していたよりも減ってしまうと、それだけ予算にも誤差が生じることにつながります。

結婚式二次会にかかる費用は、男女で差があるわけではないからです。

また、仕事の状況などから車で来る人が多い場合は、男性でもあまりアルコールを飲めないこともあります。

あまり料理やドリンクを楽しめない男性ゲストが多い場合は、男性から不満の声が出てしまう可能性も…。

ゲストにどういった人が多いのかも、会費を決める時のポイントとなりそうです。

ゲストの負担は年齢層に合わせる?

結婚式の披露宴とは違い、結婚式二次会は一般的には20代から40代のゲストが多いもの。

この年齢層であれば、食べたり飲んだりする量もあまり変わりはありません。

しかし、結婚式二次会によってはもっと年齢層が幅広いこともあります。

そういったケースでは、年齢層に合わせて会費を設定するというのも一つの方法です。

例えば、ゲストに子供や乳幼児が多い場合には、メニューそのものも子供用のものを用意する必要があります。

一般的に子供用のメニューは大人のメニューよりも価格が低いものです。

また、アルコールも飲めないことから、かなり安く抑えることができます。

逆に高齢者が多い場合には、揚げ物やお肉などの重た目の料理はあまり好まれないかもしれません。

ビュッフェスタイルであれば、全体の量を減らしてもらっても問題ないこともあります。

ゲストの年齢層に合わせた料金設定をするというのも、一つの方法です。

会場のスタッフに相談する

会費の設定に悩んだ場合、会場のスタッフにどれくらいの金額設定が妥当か、相談するのも良い方法です。

会場のスタッフであれば、過去の結婚式二次会を把握しています。

同じような規模や演出で、他のカップルはどれくらいの会費にしたのか、教えてくれる場合も。

ぜひ、スタッフへ相談して、金額設定の参考にしてみましょう。

結婚式二次会の費用を抑えるために

結婚式二次会の費用相場はどれくらいか

結婚式二次会は、結婚式から参加してくれる人もいらっしゃいます。

会費は「できればあまり高くしたくない」というのが、新郎新婦の気持ちでもあるでしょう。

結婚式二次会の平均費用を少しでも安くするために、3つの工夫ができそうです。

演出を抑える

結婚式二次会には、いろいろな費用がかかってきます。

会場費や料理の他、ゲームの景品や司会を頼んだ時の謝礼なども必要になります。

それらの費用もある程度会費に含めるとすると、普通に飲み会に行くよりも費用はかかってしまうものです。

余興や演出などを盛り込んだ結果、会費が高くなってしまいがち。

ゲストのことを考えて、演出をシンプルなものにするなどの工夫をして費用を抑えるのも大切かもしれません。

景品代を抑える

ビンゴゲームなどの景品は豪華な方が盛り上がりますが、豪華な景品を多く用意すると費用がそれだけかかります。

そこで、景品代を抑えることで、会費もある程度抑えることができます。

かといって、豪華な景品が全くないとなるとゲームへの期待が保てません。

数を絞って厳選した景品を用意し、それ以外の景品のランクを少しずつ下げるという方法がおすすめです。

プチギフト代を抑える

結婚式二次会の費用相場はどれくらいか

結婚式二次会の終わりには、披露宴と同じように、新郎新婦がゲストを見送ります。

その際に一人一人にプチギフトを手渡しするものですが、このプチギフト代を少し抑えるというのも一つの方法です。

例えば、一人当たり1,000円のプチギフトを600円にすると、それだけで一人当たりの会費を400円低くすることができます。
価格が低くても華やかで見栄えのするプチギフトはたくさんあります。

安いからといって心配する必要はなさそうですね。

もしも物足りないと感じるならば、クッキーやチョコレートなど、手作りのものを加えるのもおすすめです。

まとめ

結婚式二次会の会費は、一人あたり5,000円~7,000円となっているようです。

会費が8,000円以上となると、「高い」という印象を持たれる可能性も。

新郎・新婦の負担額を増やしたり、一人あたりの費用を減らしたりと、出来ることはあるはず。

参加者全員の負担を出来る限り軽くして、楽しいパーティーを演出しましょう。

 

2次会くんなら無料相談予約でテーマパークチケットがもらえます♪


結婚式二次会に関してお悩み中の新郎新婦様に、結婚式二次会の幹事業務をプロが変わって代行するサービス「2次会くん」はご存じでしょうか?

通常はご友人が行う結婚式二次会ですが、新郎新婦様のご負担金0円でできるプランを使えば、もっと楽にもっとみんなで楽しむ結婚式二次会を行う事が可能です。詳しくはこちら

来店無料相談キャンペーン実施中!なんと!結婚式二次会のビンゴ景品で定番のテーマパークペアチケットが貰えちゃいます♪まずは色々相談してみよう!
キャンペーンページはこちら



さらに今なら↑↑↑↑ ドレス&タキシード無料レンタルキャンペーンもやってます。ぜひご活用くださいね! 
キャンペーンページはこちら

結婚式二次会マニュアルカテゴリの最新記事

2次会くん導線