結婚式二次会に誰を招待する?スムーズに決めるための手順

結婚式二次会に誰を招待する?スムーズに決めるための手順

結婚式二次会を行うと決めたら、ゲストをリストアップしなければいけません。

誰を呼べばいいんだろう?

招待を控えたほうがいい人は?

ゲストを決める手順を知りたい。

そんな風に考える新郎新婦がいると思います。

この記事では、スムーズに招待客を決定するためのコツをまとめました。

パーティーが盛り上がるかどうかは、誰が参加するかによって変わってきます。

楽しい結婚式二次会にするため、ゲストを選びましょう。

結婚式二次会に招待する人に決まりはある?

結婚式二次会のゲストに制限はありません呼びたい人を呼びましょう。

ですが、「誰でもいい」と言われても、迷ってしまいますよね。

通常、親しい友人や職場の同僚を招待することが多いようです。

ほかに、結婚式・披露宴に参加できなかった方を中心に呼ぶというのも一般的。

せっかくの晴れ姿、お世話になった方たちに見せたいですよね。

結婚式二次会に招待しなくてもよい人とは?

結婚式二次会のゲストを絞り込むため、招待を控えたほうがよい4パターンを挙げます。

該当する方たちは、他の参加者が気を遣ってしまう可能性が高く、思いっきり楽しめないかもしれません

パーティーに呼ばない、と決めた人達への配慮も忘れずに。

それぞれチェックしてみましょう。

①親族

新郎新婦の両親や兄弟など家族は呼ばない人がほとんど。

親側の意見は、

「参加したのは若い子ばかりで、ついていけなかった。」

「友だちだけで楽しんで欲しいと思った。」

と否定的。

親族は結婚式に列席しているので、それで充分という考えが多いですね。

ただ、少人数のパーティーで、かつ参加者もご家族と交流がある場合は、呼んでも問題ないようです。

②職場の上司

仕事関係は悩みどころですね。

特に上司・社長など自分より上の立場の人は、声をかけること自体が失礼に当たる場合が

同席した先輩・同僚・後輩が気を使ってしまう可能性もあります。

会社がアットホームで、気軽な関係であれば、誘っても良いかもしれませんね。

③知り合いが少ない人

新郎新婦とは知り合いでも、他の参加者とは初対面という方もいるでしょう。

結婚式二次会では、歓談やゲームの時間があります。

もし会場内で知っている人が誰もいない状態だと、ぽつんとなるかも。

一人で、さみしく感じてしまうかもしれません。

アクティブな性格で、どんどん話しかける人であれば、気にしなくてもいいでしょう。

④遠方の人

親しい人が遠い場所に住んでいるケース、ありますよね。

引越しや就職・転職で離れてしまう人もいます。

となると、結婚式二次会に参加するため、車・新幹線・飛行機代などの交通費がかかってしまいます。

通常、結婚式二次会は夕方から夜にかけて行われます。

日帰りが難しいなら、宿泊費も必要です。

金銭的な負担が大きくなってしまいます。

どうしても来て欲しい場合は、新郎新婦が負担できる金額を伝えましょう。

結婚式二次会に招待しなかった場合のケア

仲の良い人に結婚式二次会の招待状を送らない場合、電話やメールで連絡するとGOOD!

先方は、

「なんで私だけ誘ってもらえなかったんだろう・・・。」

と不安に思っているかもしれません。

簡単に理由を告げて、別途パートナーを紹介したい旨を添えると好印象ですね。

例えば、親友が離れた場所に住んでいる場合は、

「遠いところ来てもらうのは悪いと思って、結婚式二次会の案内は見送りました。ごめんね。

また今度遊ぶ時に彼を連れて行くね。」

親しき仲にも礼儀あり。

人間関係を壊してしまわないよう、ひと声かけましょう。

結婚式二次会のゲストをスムーズに決める方法

参加者を決める際、具体的にはどうしたらよいのでしょうか。

4つのステップを踏めば、スムーズに進みますよ。

新郎新婦の知り合いが一堂に会する、珍しい機会です。

素敵な結婚式二次会にするため、呼びたい人を厳選しましょう。

①グループ単位でリストアップ

それぞれの知り合いを、これまで属してきたグループで分けます。

例えば、

  • 幼馴染
  • 学生時代からの友人
  • 職場の同僚、部下

お世話になった方々を思い出しましょう

この段階では、人数や会場などは度外視します。

②会場の広さは?

会場選びが終わっているなら、収容人数が分かるはずです。

ここで、おおまかな人数を決定します。

一般的には、ゲストは30人〜40人程度です。

もし①で挙げた人数が多すぎるなら、結婚式に参加している人を除外していきましょう。

③男女の人数は同じ?

ゲストの男女比率をチェックします。

同じ割合にしたほうがゲームで盛り上がり、喜ばれますよ。

④年齢層は?

20代〜30代が中心の場合、親世代が交じると浮いてしまうことも。

大まかに参加者の年代を揃えましょう。

これで、招待状リストが完成しますよ。

まとめ

結婚式二次会で迷う、招待客。

ルールが無いからこそ、誰を呼べば良いのか困ってしまいますよね。

まずは、呼ばないほうがよい人を知りましょう。

家族や会社の上司など、ほかのゲストが遠慮してしまう人は避けます

新郎・新婦でどんな人を招待したいか話し合いましょう。

会場の広さや男女の比率・年齢層に注意します。

今回呼ばなかった人には、連絡をしておくほうがベター。

結婚式二次会では、ゲストにしっかりと感謝を伝えましょう。

" 

2次会くん・お客様安心サポート実施中
★来館不要のオンライン相談会
★ソーシャルディスタンスを保つ会場を紹介
★日程変更・キャンセル料無料サポート

結婚式二次会幹事代行・2次会くん

二次会準備・招待カテゴリの最新記事