結婚式二次会の幹事(司会)を自分たち(新郎新婦)でやる場合に心得たいこと

結婚式二次会の幹事(司会)を自分たち(新郎新婦)でやる場合に心得たいこと

結婚式二次会を開催するにあたり、新郎・新婦が幹事や司会を行う場合もありますね。

「ゲストは誰を呼ぶ?」

「イベントはどんな内容にする?」

「会場はどこにしたらいいの?」

友人の結婚式二次会の幹事は経験したことがある人でも、迷ってしまうのではないでしょうか。

この記事では、新郎・新婦自身が結婚式二次会の幹事を行う場合に、心得たいことについてまとめてみました。

参加してくれる方々が楽しめるよう、ポイントを押さえておきましょう。

新郎・新婦が自ら幹事をするケースとは?

二次会の幹事(司会)を自分たち(新郎新婦)でやる場合に心得たいこと

結婚式二次会では、友人知人が幹事を行うケースがほとんどです。

そもそも、なぜ結婚式二次会の幹事(司会)を自分たち(新郎新婦)で行いたいのでしょうか。

新郎・新婦が自ら幹事をするケースは、主に2パターンあります。

自由に企画したい」場合と、「適任者がいない」場合です。

詳しくみていきましょう。

新郎・新婦が自由に結婚式二次会を企画したい

結婚式二次会の幹事を友人知人にお願いする場合、新郎新婦としてはこちらの要望をどこまで伝えてよいか迷うことがあります。

結婚式二次会の幹事がしなければいけないことは多岐にわたります。

「幹事の負担にならないように」と、新郎・新婦側が意見を伝えるのを遠慮してしまうこともあります。

そのため、トラブルが起きてしまう可能性も。

たとえば、せっかく友人知人がいろいろ企画してくれた内容が実は新郎・新婦の希望と違っていた・・・。

収支面で幹事とトラブルになった、なんてことも。

新郎・新婦が結婚式二次会の幹事や司会を行うのであれば、自分たちの希望がダイレクトに反映されますね。

気がねなく思い通りの結婚式二次会を企画することができます。

また仮にトラブルがあったとしても、自分たちの責任と割り切ることができるため友人関係を損なうこともありません。

結婚式二次会の幹事を依頼する適任者がいない

イベントや進行の企画内容から器材の準備、招待客の確認など結婚式二次会幹事の仕事量は膨大にあります。

結婚式二次会の幹事を依頼されると、幹事はプライベートの時間をほぼ犠牲にして準備を行います。

そのため、幹事は、気心のしれた友人知人に依頼するのが一般的です。

ですが、相手の事情によっては結婚式二次会の幹事をお願いするのが難しい場合があります。

友人知人が遠方に住んでいる・仕事が激務・妊娠・育児中の場合は、なかなか時間が取れませんよね。

また、幹事をお願いしようと思っていた人が、諸事情で幹事を引き受けるのが難しくなるケースもあります。

幹事の適任者がいないため、新郎・新婦自身が幹事になる場合も多いのではないでしょうか。

幹事として気を付けたいポイント

二次会の幹事(司会)を自分たち(新郎新婦)でやる場合に心得たいこと

新郎・新婦主催で結婚式二次会を開催する場合、幹事の立場と新郎・新婦の立場を分けて考えると準備がスムーズです。

結婚式二次会を新郎・新婦が主催する場合、結婚式披露宴の準備と同時進行で行うカップルが多くなります。

準備することや決めることが多いため、忙しくて疲れてしまう場合も。

それぞれの立場でやるべきこと・準備すべきことを確認しておきましょう。

膨大な作業に追われる気持ちになった時は、気持ちの余裕をもってやるべきことを整理するのがおすすめです。

主に気を付けたいポイントは以下の3点です。

・ゲストにお手伝いを頼めるか

・どんなイベントを行うか

・会場はどこがいいか

決めなければいけないことは、たくさんあります。

それぞれ細かく解説していきますね。

心得①ゲストにお手伝いを頼む

結婚式二次会の幹事をするにあたり、参加者を決めることは重要な任務ですね。

「誰を呼ぶ?」「人数は?」「ヘルプはお願いできる?」という点に注目しましょう。

ゲストは誰を呼ぶ?

新郎・新婦で話し合い、結婚式二次会に招待する予定である友人知人のリストを作ります。

この時のポイントは、ゲストへ出欠確認をする前にリストを作成することです。

声をかける予定の人を、披露宴から参加する人と結婚式二次会から参加する人とを分けてリストアップします。

このリストを作ることで、結婚式二次会の最大参加人数を把握できます。

会場の候補地が見つけやすくなりますよ。

また、新郎・新婦主催の結婚式二次会であっても、受付や買い出し等をお手伝いする人員は確保したいもの。

リストの中から、お手伝いしてくれそうな人がいないか候補者を決めるのもよいでしょう。

作成したリストを元に、新郎・新婦で手分けして結婚式二次会に招待するゲストに出欠を確認していきます。

二次会会場や会費が決まっていれば案内がスムーズですが、スケジュール上そうはいかない場合もあります。

この段階では、電話で結婚式二次会の開催日と開催予定時間を伝え、参加できそうかどうかを聞いてみましょう。

回答として、「当日参加できそう」・「スケジュール上参加が難しい」・「現時点では出欠できるかわからない」の3パターンに分けられます。

もらった返事はリストに記入しておきましょう。

具体的な会場や会費が決まったら再度連絡し、最終的な出欠確認を取れるようにします。

ゲストに司会や音響をお願い出来る?

どんな流れの結婚式二次会になるか進行が決まったら、当日お手伝いしてくれる人と打ち合わせを行いましょう。

進行には司会・イベント準備・音響などのヘルプが必要です。

新郎・新婦主催の場合でも、司会は誰かにお願いする必要があります。

とはいえ結婚式二次会全体の司会をお願いするのに、抵抗がある新郎・新婦もいるかと思います。

司会をしてくれる人が見つからない場合は、乾杯時やケーキカットの前のみなど、部分的なところだけ司会をお願いしてみてはいかがでしょうか。

基本的な司会は自分たちが行うと伝えれば、引き受ける方もハードルが低くなりますよ。

また、イベントを行う場合、適切なところで必要な物品を出したり音楽をかけたりするスタッフが必要です。

結婚式二次会の前・最中・後でどんなお手伝いが何人くらい必要かもリストアップします。

お手伝いの仕事内容を、以下の3つに分けていきます。

・当日参加のゲストにヘルプをお願いするもの

・当日の参加の可否に関わらずお手伝いをお願いできそうなもの

・お店のスタッフに相談してお願いできそうなもの

頼めそうな人に声をかけていくことも大切です。

ゲストに受付してもらえる?

結婚式二次会の受付では、招待者リストを元に出欠を確認し、ゲストから会費を受け取ります。

新郎・新婦は披露宴が終わってから会場にかけつけることになります。

友人などに受付をお願いし、早めに来場するゲストの対応をしてもらうとよいでしょう。

披露宴会場と結婚式二次会会場が近接している場合、新郎・新婦が受付でゲストをお出迎えしながら受付を行うことも可能です。

そうなると、ゲストと新郎・新婦で話が盛り上がりがち。

新郎・新婦がゲストをお出迎えする場合でも、受付のお手伝いがいるとスムーズですよ。

受付準備としては、受付のお手伝いをする人の確保、招待者リストの作成、お釣りと筆記用具の準備が必要です。

リストやお釣りなど受付で必要なものは、受付を手伝ってくれる人に事前に渡しておくとよいでしょう。

また、受付で回収した会費の取り扱いについても、あらかじめ伝えておくようにしましょう。

会場スタッフがある程度お手伝いしてくれるところもあるので、相談してみてもいいですね。 

心得②イベントは盛り上がるものを

自分たちで結婚式二次会の幹事をする場合、イベントは自由に設定できます。

「どんな内容が盛り上がるのか?」「どんな景品が喜ばれるのか?」考えるだけでもワクワクしますね。

イベントはどんな内容にする?

結婚式二次会の印象は、イベントや進行によって随分雰囲気が変わります。

どんな風にしたいのか、具体的な進行や企画を新郎・新婦で相談して決めていきましょう。

結婚式二次会の開催時間は、合計で2時間から3時間程度がほとんどです。

この時間内におさまるように、歓談時間を決めイベントを企画します。

イベントといえばビンゴなどのゲームが定番ですね。

ケーキカットやファーストバイト、ブーケトスなどは盛り上がりますよ。

カジュアルな結婚式二次会ですので、ブーケトスも幸せのおすそ分けイベントとして独身以外にも参加してもらいましょう。

参加ゲストの層に応じて、「既婚者限定」や「新郎新婦の高校の友人限定」などイベント参加者を限定してみては。

目玉となる豪華景品を用意し、新郎・新婦とじゃんけんして勝ち上がっていくゲームなどシンプルなゲームも盛り上がります。

新郎・新婦が主催する場合は、自分たちが関わるイベントを取り入れると進行がしやすいです。

友人や知人が幹事を行う結婚式二次会では、ビンゴや新郎新婦にまつわるクイズを使ったイベントを行うことがあります。

自分たちで質問を出すとなると、気恥ずかしいカップルもいるかと思います。

新郎・新婦がメインとなって、ゲストを巻き込むイベントを企画するのがおすすめです。

イベントの景品は何にする?

「こんな結婚式二次会にしたいな」というイメージができましたか。

イベントに必要な物品・ゲストに渡す景品やギフトなど買うべきものと、使える予算をリストアップしておきましょう。

「イベントやゲームを企画するのは大変」という場合は、新郎・新婦との歓談をメインにした飲み会形式もおすすめです。

かかる経費が飲食費だけになるため、ゲストの会費を抑えることができます。

同じ飲み会形式でも、会場がカジュアルな居酒屋か、お洒落なレストランかでゲストに与える印象が変わります。

予算とも相談し、二人が納得いく結婚式二次会のスタイルを選ぶようにしましょう。

買い出しに行く時間がなかったり、大量の物品を購入する場合もありますよね。

そんなときは友人へお願いしたり、通販を利用すると新郎新婦の負担を減らすことができます。

心得③会場は予算と相談

結婚式二次会の幹事を進めていく中で、会場決めも重要な部分です。

「どこで行うのか?」「全体の予算は?」「当日の片付けは?」など、決めていきましょう。

会場はどこにする?

結婚式二次会の参加人数のイメージがつかめたら、会場候補を探していきます。

様々な観点から会場をチェックしましょう。

以下の4つに注目するといいですよ。

・駅からのアクセス

・料理の質や料金

・会場は貸し切りにできそうか

・イベントを行うスペースは確保できるか

会場が決まった!予算はいくら?

会場がある程度定まり、イベント案も固まってきたら予算編成を行います。

結婚式二次会は会費制で行うことが多いです。

その場合は、ゲストの人数×会費と新郎・新婦の持ち出し費用が全体の予算になります。

会費があまり高すぎると、欠席率が高くなるので相場を踏まえてゲストの会費を設定しましょう。

幹事としては、ゲストの会費ですべての予算がまかなえるのが理想です。

しかし、新郎・新婦がある程度負担することも考えておきましょう。

参加するゲストの人数は、当日キャンセル人数も考慮して参加人数少なめで予算を組むのがポイントです。

予算の多くは会場代や飲食費に割かれます。

ゲストへのプレゼントや、イベント準備に必要な物品購入分の予算も組み込むようにしましょう。

会場の撤収も

幹事としては、ゲストをお見送りし、結婚式二次会が無事終わればほっとしますね。

ですが終わったらすぐ帰宅というわけにはいきません。

結婚式二次会の終了後は、会場の撤収作業も行う必要があります。

器材やイベントグッズなど自分たちで会場に持ち込んだものがあれば、忘れず回収しましょう。

忘れ物がないか会場スタッフの人と一緒に確認すると安心ですね。

会場費用の精算が無事済んでいるかも確認が必要です。

最後まで残って結婚式二次会運営のお手伝いをしてくれた人がいれば、その場でお礼を伝えたりプレゼントを渡したりするのもよいですね。

もちろんその他のお手伝いをしてくれた人にも、お礼をする機会を別途設けるようにしましょう。

 心得④困ったらプロへ頼む

二次会の幹事(司会)を自分たち(新郎新婦)でやる場合に心得たいこと

「披露宴の準備で忙しく二次会の準備時間がとれない・・・。」

「イベント企画を自分たちで行うことに不安がある・・・。」

結婚式二次会を新郎新婦主催で行う場合、困ってしまう人もいるかもしれません。

そんな時は、幹事代行業者を利用してみませんか。

「幹事代行業者ってどんなことをしてくれるの?」「費用の相場はどれくらいなの?」

気になる内容について、ご紹介します。

幹事代行業者の業務内容は?

幹事代行業者では、結婚式二次会運営業務のすべてを行えます。

代行業者の多くは、お客さまの要望に応じて複数のプランを用意しています。

結婚式二次会の運営や企画をすべてお任せできるプランや、司会のみ派遣するプラン、カメラマンだけ派遣するプランなど様々ですよ。

どこまで幹事が担当し、どこまで幹事代行業者が担当するか、相談に応じてくれる業者がほとんどです。

幹事代行業者の料金システムは?

幹事代行業者では、業者によって料金システムが異なります。

基本はプロデュース料と飲食・会場費です。

プロデュース料は、プラン費用やサービス費と呼ばれることもあります。

飲食費や会場費は人数や会場によって変動があることが多く、プラン費用やサービス費用は一律の場合やゲスト人数によって変動します。

レンタルドレスサービスやカメラマンサービスがプラン費用に含まれているところもあります。

個人で手配するより安価に利用できることも。  

結婚式二次会を新郎新婦で企画する場合、結婚式二次会のすべての仕事を自分たちで行うことは難しい場合も。

お手伝いを友人知人にお願いできればベストですが、そうはいかない場合も。

幹事代行業者では、司会派遣のみなどスポットでお手伝いしてくれるプランもあります。

相談は無料のところが多いので、結婚式二次会開催を決めたら気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

まとめ

二次会の幹事(司会)を自分たち(新郎新婦)でやる場合に心得たいこと

新郎・新婦自らが結婚式二次会を開催する場合について、心得をまとめました。

「ゲストは誰を呼ぶ?」

「イベントはどんな内容にする?」

「会場はどこにしたらいいの?」

と、様々なことを決める必要があるんですね。

結婚式披露宴の準備と並行して行う場合は、スケジュールが厳しくなる場合も。

そんなときは、幹事代行業者に相談してみてはいかがでしょうか。

余裕を持てるので、当日は参加者と同じように思いっきり楽しむことができますよ。

 

2次会くんなら、無料相談予約でテーマパークチケットがもらえてドレスレンタルが無料になります♪

結婚式二次会に関してお悩み中の新郎新婦様に、結婚式二次会の幹事業務をプロが変わって代行するサービス「2次会くん」はご存じでしょうか?

通常はご友人が行う結婚式二次会ですが、新郎新婦様のご負担金0円でできるプランを使えば、もっと楽にもっとみんなで楽しむ結婚式二次会を行う事が可能です。詳しくはこちら

来店無料相談キャンペーン実施中!なんと!結婚式二次会のビンゴ景品で定番のテーマパークペアチケットが貰えちゃいます♪まずは色々相談してみよう! キャンペーンページはこちら

さらに今なら↑↑↑↑ ドレス&タキシード無料レンタルキャンペーンもやってます。ぜひご活用くださいね!

キャンペーンページはこちら

結婚式二次会マニュアルカテゴリの最新記事

2次会くん導線