結婚式二次会の失敗例5つ!対策と成功の秘訣を伝授!!

結婚式二次会の失敗例5つ!対策と成功の秘訣を伝授!!

結婚式二次会は準備が大変です。

時間がないからと言って、あまり考えずに進めてしまうと失敗してしまう可能性も…。

ゲストを満足させることが出来なかったと、後悔している先輩カップルも少なくありません。

きちんと会費を計算しておけばよかった・・・。

会場が遠くて、急がなければいけなかった・・・。」

などの声はよく聞きます。

この記事では、失敗例5つと、それぞれの対策方法をまとめました。

素敵な結婚式二次会にするため、あらかじめチェックしておきましょう。

失敗例1 予算が足りなかった

幹事なしの結婚式二次会ってあり?幹事なしの二次会の進行とは_4

結婚式二次会は、主に会費でまかないます。

性別にもよりますが、一人あたり5,000円~7,000円が目安です。

適当に会費を設定すると、精算時に「赤字だった・・・。」「意外と高かった!」なんてことも。

結婚式二次会は思った以上にお金がかかるもの。

会場代・飲食費・ゲームの景品・プチギフトの費用が必要です。

他にもデコレーション用のお花・ウェルカムボードなどの装飾品も買いたいですよね。

集まった会費より高くなれば、新郎新婦の負担が大きくなります。

新婚カップルとしては、痛い出費ですよね。

しっかり計算して、予算内に収まるようにしましょう。

対策1 ゲストの人数は正確にカウントする

結婚式二次会の招待時、ゲストの参加人数が分かるはずです。

決定した人数は、予定と同じくらいでしょうか。

大幅な人数変更はお金事情も変わってきます。

会場への連絡とともに、用意する料理の量を改めて確認しましょう。

たまに、結婚式二次会当日にドタキャンする方もいます。

出来れば早めに連絡をしてもらえるよう、招待状に書いておくのがベターです。

対策2 リーズナブルな演出にする

結婚式二次会の費用として最も割合が高いのは、会場料金です。

例えば、クルーズやホテル会場はどうしても値が張ってしまうもの。

少しランクを下げてみてはいかがでしょうか。

レストラン・バー・居酒屋など、比較的安価でも素敵な会場がレンタルできるんですよ。

また、ゲームの景品やプチギフトを低価格にしても良いかもしれません。

と言っても、100円ショップのグッズでは、ゲストもがっかりすることでしょう。

安くても、見栄えが良かったり、ボリュームがあったり、そういったアイテムを選びましょう。

失敗例2 遅刻しそうだった

結婚式二次会は、結婚式・披露宴の後にスタートします。

一般的に結婚式が終わってから1時間半〜2時間後を、結婚式二次会の受付開始時間に設定しています。

この時間に、「ギリギリだった!」「間に合わなかった・・・。」という声もありました。

新郎新婦は披露宴終了後、参列してくれた方のお見送り、ウェディングドレスからの着替え、会場への移動を短時間で行わなければいけません。

荷物も多いのでかなり大変です。

結婚式二次会の時間と場所は重要なポイントと言えます。

対策1 スタート時間をチェックする

結婚式二次会を始める時間は早すぎませんか。

もし結婚式が終わって1時間後を予定しているなら、少し無理があるかもしれません。

余裕をもたせて開催できないか、会場と相談しましょう。

対策2 移動距離を短くする

結婚式二次会を、結婚式会場の近く行えるといいですね。

結婚式会場の敷地内やホテル内で出来るのなら、すぐに始められます

遠い場所だと移動に時間がかかってしまうので要注意です!

失敗例3 DVDが流せなかった

結婚式二次会の定番・ショートムービー。

参加できなかった友人たちの動画や、新郎・新婦の幼い頃の写真を映す余興です。

盛り上がるポイントになりますね。

ですが、当日「映像機器が上手く使えない・・・。」「DVDを忘れてしまった・・・。」ということも。

なんだか寂しい雰囲気になってしまいます。

そんなことにならないよう、前もって準備しておきましょう。

対策1 機器の担当を確認する

結婚式二次会会場によっては、機材を会場で用意してくれます。

慣れている会場スタッフが操作してくれるのなら、一安心ですよね。

もし幹事が担当するのであれば、事前に説明を受けましょう

万が一のために、当日のス会場タッフの中に機材に詳しい人がいるか確認しておくとベスト。

可能なら、結婚式二次会の前に、再生・停止などある程度の操作を行いましょう。

対策2 プロフィールムービー持参を忘れずに

せっかく作った映像も、忘れてしまったら元も子もありません。

幹事が複数人いるのなら、誰が持っていくのか確実に確認しましょう。

「〇〇さんが持ってくると思ってた・・・。」と言われてしまっても、もう取りに戻る時間はありません。

披露宴から引き続き使用する場合は式場スタッフがまとめて渡してくれる場合もあります。

その場で中を確認し、もし不足があればその場で式場スタッフへ伝えましょう!

失敗例4 ゲスト全員を写真に撮れなかった

markusspiske / Pixabay

結婚式二次会のように、大勢の人が集まる機会はなかなかありません。

今日のこの日を記念に残すため、写真を撮る方も多いと思います。

「あの人、来てくれたのに写ってない。」「ブレててよく分からない。」といった失敗談も。

個人個人のスマホやデジタルカメラで撮っていると、データはバラバラ。

参加者のみんなが写っているとも限りません

前もって友人やプロの写真屋さんにお願いするほうが良いでしょう。

対策1 友人に写真係を頼む

ゲストの中で、写真を撮るのが好きな方や、あまりお酒を飲まない方はいませんか。

しっかりと、参加者それぞれの笑顔を残してくれる人に依頼しましょう。

結婚式二次会は入場時やセカンドバイト・余興などイベントが盛りだくさん。

シャッターチャンスを逃さないよう、撮影係として張り切ってもらいましょう

また、その場合は会費を新郎新婦で負担してあげることを忘れずに!

当日は撮影に忙しくほとんど食事を楽しめないことが予想されるので、会費は無料にしてあげたほうが無難です。

もしくは、後日改めてお礼のプレゼントを贈りましょう。

対策2 プロに依頼する

「ゲストには結婚式二次会を楽しんでもらいたい。」

そう思うなら、写真はプロにお任せしましょう。

構図も考えてくれますし、品質は抜群です!!

アルバムにする場合もスムーズに進みますね。

複数枚を購入して、ゲストに配るのも楽々です。

式場のカメラマンを延長することもできますし、会場や幹事代行業のオプションにもあります。

一生に一度の大切な日なので、ここはぜひプロに任せる方向でご検討ください!

失敗例5 飲みすぎた

Alexas_Fotos / Pixabay

結婚式二次会ではアルコールも提供されます。

ワイワイ盛り上がっていると、ついお酒も進みますよね。

「一気コールに合わせてしまった。」「披露宴の緊張が解けていつもより酔ってしまった。」など、つい飲みすぎてしまうことも。

気分が悪くなったり、ケンカが始まったり、そうなると楽しいムードが台無しです。

特に主人公のおふたりは抑えめにしておかないと後悔しますよ。

ゲストを酔っ払いにしないよう、全体にも気を配りましょう。

対策1 新郎新婦はノンアルコールで

主人公二人が酩酊状態だと、どうしようもありません。

たとえお酒好きであっても、今回はソフトドリンクを中心に飲みましょう。

乾杯のときだけアルコールにするのもおすすめ。

ジンジャエールならシャンパンに見た目が似ているので、それらしいグラスにいれてもらえばOK!

対策2 ウェルカムドリンクを用意する

ゲストが会場に着いた時にふるまう飲み物を「ウェルカムドリンク」と呼びます。

アルコールが軽めのお酒や、烏龍茶・オレンジジュース・ジンジャーエールなどを渡します。

お腹が空いているときや喉が乾いている状態でのアルコールは回りやすいですよね。

できればソフトドリンクを勧めるとよいでしょう。

まとめ

結婚式二次会で、失敗例を5つ紹介しました。

特に気にしておきたいのは、お金と時間です。

会費の価格や、スタート時間は、参加する人全員にとって重要な部分。

ここを誤ってしまうと「残念なパーティーだったな・・・。」と思われてしまう可能性があります。

先輩カップルと同じ間違いをしてしまわないよう、しっかり確認しましょう。

ゲストも新郎・新婦も笑顔になれるような、楽しい結婚式二次会にしたいですね。

コラムカテゴリの最新記事

 /></a></p></div><script type='text/javascript'>
	(function ($) {
		$('.afc_close_content').click(function(){			
			var afc_content_id = $(this).closest('div').attr('id');
			$('#'+afc_content_id).hide();
		});
	})(jQuery);
</script><script type='text/javascript' src='https://2jikaikun.com/2jikai/wp-includes/js/wp-embed.min.js?ver=4.9.3'></script>
<script type='text/javascript' src='https://2jikaikun.com/2jikai/wp-includes/js/comment-reply.min.js?ver=4.9.3'></script>
<script>
function toggle__search(){
	extra__search.className=