結婚式二次会はする?しない?メリット・デメリットまとめ

結婚式二次会はする?しない?メリット・デメリットまとめ

結婚式二次会について、

「結婚式二次会をしたい!」

「しなくていいんじゃないかなあ?」

と、新郎・新婦それぞれ意見が違う場合、迷ってしまいますよね。

二次会をやる場合・やらない場合、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

またデメリットについては解決方法もご紹介しますので、参考にしてくださいね。

結婚式二次会をするメリット

結婚式二次会

メリット1:結婚式に招待できなかった人を呼べる

結婚式の会場の収容人数によっては、呼べなかった人も出てくるでしょう。

また、海外挙式や親族のみで結婚式を挙げる人も増えてきました。

そんなとき、結婚式二次会はぴったり!

結婚式に招待できなかった人も含め、多くの友人を招待できます。

また、パートナーをそれぞれの友人に一度に紹介できる絶好の機会でもあります。

メリット2:ゲストとゆっくり話ができる

結婚式ではタイムスケジュールが決まっているうえに、ゲストとの席が離れているため、なかなか話すことができません。

一方、結婚式二次会では新郎新婦の席までゲストが来やすいですし、新郎新婦自ら出歩いてもOK。

気軽にゲストと話をしたり写真を撮ったりして楽しむことができます。

さらに、新郎新婦もゲームに参加すれば、より一層みんなとコミュニケーションがとれます。

メリット3:リラックスして楽しめる

結婚式はプログラムがきっちり決まっていて、親戚や仕事の上司など目上の人もいるので緊張の連続です。

一方、二次会は気心の知れた友人たちとリラックスして楽しむことができます。

二次会がないと、結婚式ではあまり友人とは話せず、物足りない気持ちで結婚式の日を終えることになってしまうかもしれません。

次に、デメリットをご紹介します。

結婚式二次会をするデメリット

デメリット1:結婚式二次会の準備が大変

会場を決めたり、演出を考えたり、出欠を取ったり……。やらなければいけないことが山程あります。

結婚式の準備と並行して進めていくには、負担が大きと感じるかもしれません。

また、そんな準備を幹事として友人に頼むのは気が引ける、という人も多いと思います。

解決方法1:幹事をプロに頼む

結婚式二次会の幹事を代行してくれるサービスに頼めば、準備がかなり楽になります。

友人にも負担をかけずに、クオリティの高いパーティーができちゃいます。

大手二次会幹事代行業者の「2次会くん」なら、新郎新婦の自己負担が0円でできるプランもあるのでお得です。

" 

結婚式二次会幹事代行・2次会くん

デメリット2:帰宅時間が遅くなる

結婚式が午後からスタートする場合、二次会の受付が19時以降になり、終了が午後9時〜10時になることも。

遠方から参加する人はちょっと大変です。また、翌日に予定のある参加者にとっても体力的につらいかもしれません。

解決方法1:早い時間にスタートする

結婚式を午前11時頃開始にすれば、二次会を午後5時頃には開始できます。

そうすれば、7時には終了するので遠方からのゲストも終電を気にせず参加できます。

また、披露宴会場と同じ場所で開催すれば、移動時間を短縮でき、結婚式から参加するゲストの負担も減らせます。

デメリット3:ゲストの金銭的な負担

結婚式二次会の平均会費は、通常の飲み会と比べて割高です。

男性は6000円、女性なら5000円くらいが一般的です。

結婚式にも参加しているなら、ご祝儀と合わせればそれなりの負担になってしまいますよね。

解決方法1:結婚式参加者は会費を安くする

結婚式にも参加してくれたゲストだけ、会費の設定金額を下げましょう。

1,000円程度の差で調整するといいでしょう。

" 

結婚式二次会幹事代行・2次会くん

次に、結婚式二次会をしない場合のメリットとデメリットを見てみましょう。

結婚式二次会をしないメリット

ゲームなしの結婚式二次会。会費はどうする?

二次会をしない場合、どんなメリットがあるのでしょうか。

メリット1:結婚式二次会にかかるお金をまわせる

二次会にはだいたい10万円~50万円かかるといわれています。

そのお金を節約して、新生活や新婚旅行にまわすことができます。

 

結婚式二次会をしないデメリット

次に、デメリットと解決方法をご紹介します。

デメリット1:友人たちと楽しい思い出が作れない

結婚式は、一番に親に感謝を伝える場。

二次会は親しい友人に感謝を伝え、一緒に楽しい思い出をつくる場です。

結婚式ではあまり友人と話す時間がありませんし、二次会に比べて一緒に写真を撮るチャンスもわずかです。

友人たちと楽しい思い出が作れないのは大きなデメリットです。

 

解決方法1:別日に会食の機会をつくる

結婚式であまり話ができなかった場合は、お礼も兼ねて会食や飲み会の機会をつくるといいでしょう。

そこでゆっくりお互いの友人にパートナーの紹介もできます。

 

まとめ

結婚式二次会をする場合・しない場合に分けて、どんな特徴があるかまとめました。

それぞれメリット・デメリットがあるんですね。

何を優先するのか、夫婦でしっかり話し合いましょう。

後悔のない選択をしてくださいね!

" 

2次会くん・お客様安心サポート実施中
★来館不要のオンライン相談会
★ソーシャルディスタンスを保つ会場を紹介
★日程変更・キャンセル料無料サポート

結婚式二次会幹事代行・2次会くん

二次会準備・招待カテゴリの最新記事